人気ブログランキング |

2011年 07月 29日 ( 2 )

 

7/29のGOHO

今日、2度めの更新です!

居場所事業、GOHOは、なんと去年の8月に誕生し、もうすぐ1歳の誕生日を
迎えようとしています!!
8月もお盆休み以外はオープンしていて、みんなの夏休みの、ちょっとした
よりどころとなっています(笑)。

今日も、6人の仲間が来てくれました!
1時からは、Aくん、Mさんが、少し早めに到着していて、スタッフの
上田さんが私に仕事の伝言をしている少しの間、ぴょこぴょこ、跳ねながら、
上田さんと一緒にお昼とおやつを買いに行くのを待っていました。
お買い物も、ちょっとした楽しみですよね。

上田さんと、買ってきたお昼を一緒に食べて、まずは、二人とも
夏休みの宿題から片づけていきます。
実は、AくんとMさんは、同じ学校に通う同級生なんです。
だから、先週、MさんがGOHOに宿題を持って来たのを見て、
Aくんも持参して来たようです。
上田さんに、各自用に、今日の時間割を紙に書いてもらって、
二人は宿題を始めました。
いくつか、時間割には項目があり、できたら、その横に丸をつけていきます。
私もよく、やらなきゃいけないことを紙に書き出して、
終わったら消していったりしますが、これって、達成感がありますよね♪

二人は、それぞれのペースで、宿題をこなしていって、終わったら、
Aくんは、レンタル屋さんで借りてきた、ちびまる子ちゃんのDVDを
見たり、Mさんはおやつを食べたりしました。
Mさんは、さらに残った時間で、方眼紙ノートに、好きな間取り図を
書いたりもしました。
先週と比べると、二人とも、より自分のペースを保って、GOHOの時間を
過ごせるようになった気がします。

Wくんは、いつもより早い時間に、GOHOにやって来ました。
午前中に、プールに遊びに行っていたようで、
さすがにプールの後は疲れるので、少し横になっていました。
そのうち、Yくんがやってくると、起きて、なぜか手を取り合って、
おしゃべりしながら、友情を確かめ合っていました(笑)。
そんな姿も微笑ましいです。

そのうち、TちゃんとAちゃんが到着です。
外では、雨が降り出したようでした。
かなり激しく降る様子に、傘を持って来ていないみんな(私も)は、
帰りの時のことが少し心配な様子。
「帰りにまだ雨が降っていたら、お母さんに電話してあげるからね。」
という上田さんの言葉に、一安心したようでした。

またまた、恒例のトランプ大会も、大いに盛り上がりました!

Tちゃんは、以前から美容院へ行くのを嫌がっていると聞いていたので、
今日のTちゃんの短い髪型は、お母さんカットかなと
話していたのですが・・・なんと!、いつもついてくれるヘルパーさんと
一緒に、美容院へ行くことができたということでした!
Tちゃん、よかったね♪と、私達までうれしい気持ちになれました。

Yくんは、2週間ほど前から、少し痩せた方が体にいいということで、
食事にも気をつけて、さらに、毎晩1時間ほど、お母さんと一緒に
ウォーキングしているらしく、ちゃんと続いている成果が出て、
体が少し締まって来たようです!

今日は、いろいろ、うれしい話が聞けました♪

Nagira

by art-space-ippo | 2011-07-29 22:41 | GOHO  

映画「海洋天童」みました。

こんばんは。
今晩は寝苦しそうですね。
久しぶりの蒸し暑い夜に早くもやる気をなくしつつあります。

さてさて、IPPOは8月お休みです。
そのおかげで7月は色々仕事がたまってます。
もちろん8月にもしなくてはならならないことが山積みです。
ははは、、、笑うしかない。

とは言え、時間をぬって見てきました。
「海洋天童」
オフィシャルHPはこちら→ここをクリック

中国語で自閉症って「孤独症」と書くんですね。。。知らなかった。

親なら誰もが考えること。
自分の亡き後に子どもはどう生きるのか。
障害があると、もっと不安にもなるし、心配もひとしおなんだろうなと思う。

私は親になって初めて感じたことがある。
どんないやなこと、いらいらさせることを子がしても、とにかく愛しい。
そして、離れているときも、共にいるときも、
いつでも子の幸せを願う。
かた時もその気持ちは揺るがない。

みんなもそうやって親っていう人生を生きてるんだろうな。。
そんな思いを心から考えれる素敵な映画でした。
もちろん、描き方などもっと大変な場面だってあるだろうし、
偏った演技もあるかもしれませんが、
それを含めても素敵な映画でした。

わたしたちのIPPOは、いろんな人がまじりあっている。
子ども、おとなだけでなく、障害の有無もボーダレスでありたいと思う。
そして、子育て世代ももちろん、将来は一生をまっとうしようとする人も含めての
幸せな生き方を応援できるIPPOでありたいなと思う。
障害ある人の人生に、親が亡くなった後もつながっていられる、
自分のペースで参加できる場でありたいと思っています。


ちょっと長くなりました。
すみません。

fukumoto megumi

by art-space-ippo | 2011-07-29 20:05 | あれこれ