人気ブログランキング |

アートスペースの遠足その1

先週の金曜日に小田地域のアトリエのメンバーで遠足に行きました。
行き先は、県立美術館。
この日は、体調不良もあり、全員で六人。みんな年長児さん。
電車に乗るのも、みんなとだから楽しい。
a0096613_10524850.jpg

着いたら時間節約のためにタクシーで行きます。
タクシーも揺れるほどのはしゃぎっぷり。
「はじめてやー。」と言う人も!
カエルの乗った建物を見上げて、
おお〜い。とみんなで叫びます。
そして、いざ入館。
少しテンションの上がったみんなで、トイレに行って少しブレイクタイム。
静かに行こう、歩こうと話してたけど、入ったとたん走るし、感嘆の声も大きいしで、大変でした。
何度も触らないと注意しても、気づけば手が伸びて…といった感じでした。
でも、色んな感動の声がありました。
わー、顔みたい。
こっからやったら見えるで。
うわー、キレイ~。
ここは、なんか怖い~。
あ、誰かついてきてる。
この子、Aちゃんに似てる。
これ、重いのかな~?触りたい。
などなど。
一緒に見て回って楽しかったです。

帰りは歩きます。
カエルに手を振って、あ、今動いた~。
信号でもピカピカすると、キャーキャーいいながら楽しんでいました。
信号一つでこんなに楽しめるなんて、素敵です。
でも、外は真っ暗です。
もう、ご飯食べんと寝なあかんくらい?
お母さんおるかな~。
早く帰りたい。
などなど。
可愛かったです。
作ることを仕事にしている人の作品に出会うことって、大事だなと思いました。
ドキドキすること、ワクワクすることを、作品を見て感じてできるんだと気づけたかな~?と。
心を震わす体験は誰かが持って行ったりしない。けして、なくなりません。
その人の人生に積み重なって塊になる。それが、その人の人生を作っていくのです。
また、親子ででも行って下さいね。

fukumoto megumi

by art-space-ippo | 2012-11-04 12:18  

<< 親子まつりに参加 予定変更になつたけど  >>