医療にかかわる人たちの熱い思いにふれて

9/7~8神戸で開催された 全国民医連の集会に行ってきました。
一日目の全大会
文化行事のかわいい獅子たちと太鼓や銅鑼の鳴り物で
歓迎されました。
a0096613_11113957.jpg

a0096613_11120643.jpg
a0096613_11172453.jpg
無産者運動から生まれた民主的医療連盟の歴史を基調報告で聞きました。
命の平等を高く掲げ、実践してきた勇気の歴史です。
今金あるものは高額医療をうけられるという現代の意識にすりこまれている錯覚を
改めて見直させられました。
憲法にもかかげられている命の平等と人権
医療を受ける権利をどう保障してくかの格闘がずっと続けられているんだという事実を
知らされました。
知らないことを知る、知らされないことを学ぶことは
本当に大切なことと思いました。
この集会参加の第一の目的は記念講演でした
宮部みゆきさんの「火車」に登場するサラ金・暴力団とわたりあった
熱血弁護士のモデルとなったその人
宇都宮健児さんの話を聞きたかったからでした。
話は今の日本どう変えていくべきかを原発、憲法、TPP、消費税から
すっぱりとさし示してくれました。
憲法は 弱者を守るもの、権力の暴走と横暴をしばるものという
弁護士ならではの視点で縦横にお話ししてくださいました。
感動さめやらないうちに直訴して
原発のメッセージ写真をお願いすると、このとおり
a0096613_12000148.jpg
ありがとうございました。
この他、全大会会場でも、分化会会場でも、たくさんの方々が写真に収まってくださり、
現在 1362枚の反原発メッセージ写真が集まりました。
あと250枚 あつめるぞ! kobayasi

[PR]

by art-space-ippo | 2014-09-09 12:07 | あれこれ | Comments(0)  

<< いないいないばあ のぺーブサー... 展示替えに久しぶりに行ってきました。 >>