HANDMADE IN IPPO~手でつくる。手をつなぐ。~協力作家紹介。第二弾!

こんにちは。
今日も暑いですね。
もうこれは夏の定番の台詞です。
今日は、家でFAXを待つ時間ができたので、更新してます。
毎年8月はお休みしてあちこち行くんですが、
今年は日本におります。。。
そんな夏もいいですね。

さてさて、HANDMADE IN IPPO ~手でつくる。手をつなぐ。~
の協力作家さんを今回も3組ご紹介します。
50音順でやってます。「」は作家からの言葉です。

ツルヤさん。
この方、実は私、赤ちゃんのときから知ってます。母同士が知り合いだった。というやつです。
なんと、私が教育実習に行った高校(いつの事やら、、)に当時制服姿で高校生してました。
今は2児の母。
そして、驚くことに個展を最近していた。。。(知らぬ間に。。)
なので、参加しません?とか声をかけさせてもらったら、OKでした。
嬉しいです。

ツルヤさんの初個展の様子は→コチラ
「子どもの遊びゴコロと、ぬくもりを大切にした
ものづくりをしています。
被災地の子どもたち、そして周りの人たちが
少しでも元気に、笑顔で過ごせますように、、、」


お次は、もうメジャーなこの方。


TVでも雑誌でも紹介されてますね。
戸田さん。私の学生時代の同期です。
京都で家具を作っています。
いつも天真爛漫です。
たまにしか出会えませんが大好きです。
IPPOでもワークショップしてくれたり、展示にも協力してくれたり、
とにかくパワフルです。

戸田直美さんのHPは→コチラ
「木の楽しさ、気持ちよさを知ってもらえたらとの願いを込めて作っています。」

最後にこの人。

中谷さん。
私の古い友人です。
何でも話せるし、県下もできる間柄です。
きっと同居しても平気でしょう。
彼女は、高校の非常勤をしつつ制作発表をしています。
ファンも多く、個展ではたくさんの人が見に来る売れっ子です。
IPPOでもワークショップしてくれたことありますよね。
覚えてるかな?

中谷由紀さんの活躍ぶりは→コチラとかコチラ
「使っている素材は様々ですが、主に絵画作品をつくっています。
通りすがりに見たもの、よその家の庭をのぞいてみつけたものなど、
身近なものを題材に描くことが多いです。
私は美術作品や制作活動を、今回のような災害の支援に繋げることができていませんでした。
今回お話を頂き、作品を作ることで
支援につながるこちらの作品展に参加させて頂くこととなりました。
たくさん集まったらいいなと思います。
よろしくお願いします。」


なんだか気持ちの良い作家ばかりが参加してくれています。
美術をしている人は、時々びっくりするほど難しく話したりしません?
私も学生時代はそんなでした。
今考えると恥ずかしいです。

今回の協力作家さんたちは、
とにかく、難しくこねくり回す人たちではないこと。
好きです。
素敵です。
気持ちよい作品に出会えますよ!
またまた、待ち遠しくなってきましたね。
9月10日11日ですよ!!!

うちのヤドカリさんのマーリンが
なんと今朝、逃亡をはかりました。
最近ちょっとばたばたしており、早朝に(と言っても6時前です)掃除とかしてます。
で、階段を拭き掃除していると、
見たことある貝殻が。。。
ん?

「うわぁ~マーリンが。。。
あかんやんか~
なんでここにおるんや~」
と朝っぱらから叫んでしまいました。
寝起きのチビは、「よくがんばったねぇ~」とほめてました。
ほめて育てる。
大事ですね。
見習います。

fukumoto megumi
[PR]

by art-space-ippo | 2011-08-11 11:48 | IPPOのお知らせ♪ | Comments(2)  

Commented by かんちゃんの母 at 2011-08-17 09:42 x
「めぐは天才やねえ」 お父さんの言葉、素晴らしい。わたし、号泣したよ。
うちの子、ほんまに「あかんとこばっかり」目について仕方ないけど、昨日ね、「匠」って書いたペンダントつけてキャンプから帰ってきた。器用に切り出しナイフで竹から箸を作ってるのをスタッフに見初められて「匠委員会」っていう「モノづくり集団」にスカウトされたって。ちゃーんと持ってる力、あったんやねえって改めて見直したり、反省したり。
 ほめて育てるって、ほんま、大事やけど難しい。

うちの子もいつか、IPPOに作品を出せる「匠」になれたら、
ええな。
Commented by art-space-ippo at 2011-08-17 10:01
連日ご参列いただきありがとうございました。
なんだか、まだまだ実感できずにいるんだけど、少しずつ自分の気持ちと向き合いたいと思ってます。
なんか、ほとんど家にいなかったくせに
ちゃんと心の中にいたんやなと、
家族の誰もが(孫まで!)思い出話をしています。

匠。
素敵ですね。
自分の作品と向き合うとき
その姿勢は見るものの心を捉えますよね。
きっと、その匠委員会の方の心を震わせたんだと思います。
そんな自分の作品へのプライドを
きちんと持ってる人だと思いますもん。
かーちゃんは。

<< (私事ですが)お知らせとお礼。 HANDMADE in IPP... >>